後輩ぐうと弱虫先輩犬ばぶ 2匹の生活が始まりました。

ぐうは、穏やかで育てやすい猫。そう思っていたのは、完全な勘違いでした。ぐうは、やる女。とにかく元気で暴れん坊の噛みつき猫でした。首根っこ掴むと、やっとおとなしくなります。

奥に写るのが先輩犬。ヨークシャテリアのばぶです。

子猫と先輩犬との毎日は想像以上にうまくいかない!!

先輩犬のばぶは9歳。もともと穏やかで弱虫。特技は、すぐに震えること。動物病院も、散歩中に出逢う他の犬も、すぐに震えて見てないことにします。

ぐうとばぶ。

うまくいくわけもなく。毎日ばぶを守るためのいい策はないか。私達はフルに頭を使うことになるのでした。とにかく、何をするにも膝にのせて、守ってあげることに…。

生後40日で兄弟猫と別れたぐうの
甘噛みが強い!!

生後40日で、兄弟猫が兄弟で、里親さんに貰われていきました。残ったぐうは、今まで兄弟でじゃれあっていたノリで、ばぶに向かっていきます。ただそれだけなのです。

なのに、ばぶは想像以上に弱い。

ばぶの弱さに気づいたぐうは、ますます調子に乗って、ばぶにじゃれつきます。止める私達は結構強めに噛まれて、痛い思いの連続。ああ、こんなはずじゃなかった…。

もしかして、
一緒に飼うのは無理なのかも…

先輩犬のばぶにとっては、9歳まで穏やかに暮らしてきた家に、とんでもない暴れん坊がやってきたのです。ばぶは、食欲という欲に逃げて、ストレスを緩和させる策にでたようです。

とにかく食べる。

なので私は、あまあまな他の家族にこんな張り紙をだしました。

追いかけるぐう。逃げるばぶ。

我が家の大変な毎日が始まりました。

この2匹がうまくやっていける日なんてくるのかな。そんな不安がよぎる日もありましたが、ぐうはとにかくかわいくて…。噛まれても、ばぶを追っかけまわしても、私達はぐうと離れることはできないのでした。とほほ…(笑)

ぐう50日目。ひとり遊びがとまらない子猫。
スポンサーリンク
スポンサーリング
スポンサーリング

フォローする