離乳食はどうやって始めるの!? Q&A

Question
「離乳食はどうやって始めるの!?」

歯が生えそろってきたら
スタートです

ミルクをあげる時、子猫がじゃれて手を噛むことがあります。「歯が生えてきたな」と手で感じる頃。生後4週間目くらいです。この頃になると、哺乳瓶の乳首を噛み切ることもあり、いよいよ離乳食を始めたい時期になります。

まず一食だけふやかした
フードにかえてみる

子猫用のフードに、ミルクをかけて、20分ほどふやかします。柔らかくなったなと思ったら、子猫の前に置いてあげて下さい。案外すぐに、食べてくれる子が多いと思います。我が家も、誰が教えたわけでもないのに、みんな、ゆっくりと食べ始めました。

食べなければ市販の
離乳食を与えてみる

子猫用フードをふやかしたものを食べられないようなら、市販の離乳食があります。鶏ささみや白身魚を茹でて、フードプロセッサで練り状にしたものを与えてみてもいいでしょう。

それでも食べなければ
ミルクで様子をみる

もしも、離乳食を食べない子がいたら、無理に変えなくていいと思います。自然に、そのうち食べるようになります。哺乳瓶ではなく、お皿の中にミルクだけをいれてペロペロ飲ませる。その中に、少しづつフードを入れて、ゆっくりとフードの量を増やしてみる。

下から食べる。と言う動作に慣れていってもらいましょう。

それでも食べないなら
原因はなに!?

原因1
「体調不良」

離乳食を食べなくて、元気もない。動き回ることもなく、やたらと眠っている。そんな場合は、動物病院で診てもらいましょう。猫風邪や消化系の不調かもしれません。

原因2
「フードを食べ物だとわかっていない」

フードを食べ物だとわかっていない子には、ねりねりしたフードを口の中にいれてあげましょう。上顎がいいようです。これは食べモノなんだなと気づかせましょう。

原因3
「なんだかおいしくない」

ミルクの方がおいしいから。フードがあつい。冷たい。味がきらい。子猫なりの理由があるようです。フードを変えてみる。人肌の温かさで与えてみるなど、工夫が必要なことも。

我が家の場合で言えば、お腹がすき過ぎるまで様子をみる。なんて荒療治もありでした。

フードを2食、3食と
徐々に増やしていく

無事フードを食べてくれるようになれば一安心ですね。

生後2カ月頃には、子猫用のキャットフードをカリカリ食べてくれるのが理想ではあります。でも、その子に合わせて、ゆっくりでも充分です。ミルクからフードへゆっくりと移行していきましょう。2食から3食。ふやかす時間を短くしていく。徐々に。

むずかしく考える必要はないと思います。子猫の食べる様子。便の様子。子猫が元気に動き回っているようなら、どんどんフードのみに移行していけばいいでしょう。

子猫との生活が、ぐっと楽になりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリング
スポンサーリング

フォローする