準備するものを大切な順に教えてQ&A

Question
「なにから順番に準備したらいいの!?」
ある日突然、とても小さな命に出逢ってしまったあなた。家で保護することになったら、すぐに準備するものを、大切な順番にご紹介します。

Answer
「寝床とミルクです」

生まれたての子猫に準備するもの

小さな箱と毛布で
寝床を準備しよう

point1
小さめのダンボールがいい

小さめダンボールに新聞紙をひいて、毛布を敷いて下さい。生まれたての子猫は動き回らないので、小さくて充分です。しかも、小さい方が温かさを保つことができます。

point2
ふわふわの毛布が大好き

ふわふわであたたかい毛布を敷いてあげましょう。ただ、生まれたての子猫にも爪はちゃんとあります。しかも、爪を引っ込めることができません。爪の引っかかりにくい毛布がおすすめです。

point3
速乾性のあるタオルもいい

私はその上に、やわらかいタオルをかけてあげました。速乾性のあるタオルを何枚も準備しておくと、汚れたらすぐに洗えて便利でした。

point4
 箱の上にも毛布をかけよう

ダンボールの上に毛布をかぶせると、箱の中の温度は更に安定してきます。毛布の角に少しだけ空気を送る隙間を作りました。

生まれたての子猫に準備するもの

温かいお湯が入ったペットボトルを
そばにおいてあげよう

point1
ペットボトルは38℃くらいに。

ペットボトルにお湯をいれます。柔らかいタオルでくるんだ状態で、38℃がベストです。母猫の体温と同じくらいです。柔らかいタオルのふわふわ感に、子猫は安心するようです。

point2
ミルクタイムに交換する

ペットボトルをタオルに包んで、更に小さな箱の中に入れるので、案外冷めにくいものです。3時間ごとのミルクタイムに交換するくらいでも大丈夫でした。

point3
逃げられる空間を作る

もしも、ペットボトルが38℃以上になっていて、しかも子猫が逃げられなかったら、低温やけどになる可能性があります。暑かったら移動できる空間を必ず確保しましょう。

これならすぐに準備できますね。

生まれたての子猫に準備するもの

湯たんぽかホッカイロが
あれば更に保温できる

湯たんぽやホッカイロがあれば、更に温かさは持続します。母猫の体温は38℃くらいです。母猫に温められているような温度が理想です。

生まれたての子猫の体温は人間と同じ、35.5℃~36℃です。歩き始めるようになると、37℃近くまで上がります。歩き始めるまでが一番冷えやすいのです。

生まれたての子猫の寝ている場所が、28℃~30℃に保たれるよう心がけて下さい。外気温が30℃以上であれば、温める必要はありません。

出逢ったらすぐに準備するもの

子猫が冷えないように
お家ごと病院へ行こう

もしも、病院が開いている時間だったら、あたたかい家ごと持って病院へ行きましょう。気の利いた病院なら、事情を聞いてすぐにあたたかい保育器に入れてくれますが、難しい場合もあるかもしれません。

子猫の体が冷えないよう、充分注意してあげて下さい。

出逢ったらすぐに準備するもの

子猫用のミルクと哺乳瓶
シリンジ注入器があれば尚更いい

動物病院に行けば、子猫用のミルクも哺乳瓶も購入できます。病院が開いていない時間であれば、ペットショップに走りましょう。生まれたての子猫の衰弱度合いによっては、うまく哺乳瓶からミルクを飲めない場合もあります。シリンジ注入器があれば、それも購入して下さい。
ワンラック (ONE LAC) 注入器

出逢ったらすぐに準備するもの

出逢ったのが夜中だったら
スポイドか醤油のタレビンがいい


お店も開いていない夜中だったら、その夜だけ一時的に、人間用の牛乳を温めて、スポイドであげて下さい。スポイドがない時に役に立ったのが、醤油のタレビンです。口が小さいタイプです。

ミルクがなければ、砂糖水(100mlに小さじ1杯)でもOK。

人肌よりもあたたかい温度(38℃くらい)にして、飲ませてあげて下さいね。スポイドもタレピンもなければ、脱脂綿に含ませて口の中に入れてあげてもいいでしょう。

出逢ったらすぐに準備するもの

動物病院に行けたら
まずは一安心

寝床を用意して、動物病院まで行けたら、まずは一安心ですね。脱水の心配があれば、点滴注射を打ってくれますし、ミルクも哺乳瓶も準備できます。

さあ、今日から楽しい授乳ライフが始まりますよ。寝不足になりながら、頑張って下さいね。

.

我が家の子猫のために準備したもの
ワンラック (ONE LAC) プレミアムキャットミルク 150g
ワンラック (ONE LAC) 注入器
森乳サンワールド 哺乳器細口乳首 スペア付き

Question 「寝床とミルクは用意した。あとは何が必要!?」 寝床とミルクを準備して、動...
スポンサーリンク
スポンサーリング
スポンサーリング

フォローする