生まれたての子猫とのストーリー

旅行中の私の携帯に、娘からメールが届きました。「外で子猫の鳴き声が聞こえる。保護してあげていい!?」

犬がいるから育てられないよ。我慢して。

そう返事をした数分後。「保護しました」と言うメッセージと写真が届きました。

生まれたばかりの子猫を育てるなんて。どうしたらいいのか全くわからない!!

 生まれたての子猫とのダイアリー

怖いくらい小さな子猫

娘から送られてきたのは、目も見えず、耳もきこえず、へその緒もついたままの、まさに生まれたての子猫の写真でした。小さすぎて、かわいいと言うよりも怖いくらいでした。

 生まれたての子猫とのダイアリー

子猫の寝床は段ボールと電気毛布

生まれたばかりの子猫は、三毛でした。性別もわかりません。保護したものの、育てていける自信もありませんでした。

寝床は電気毛布をひいた段ボール。

拾ったのは夜。何を飲ませていいのかもわからず、明日動物病院に連れていくまで、暖かい所で眠らせることしかできません。兄弟も母猫もいないので、お友達になりそうなヌイグルミもいれておきました。

どうか、明日の朝までは生きのびておくれ。

 生まれたての子猫とのダイアリー

動物病院で点滴&子猫用ミルク

動物病院で見て頂くと、脱水が始まっていたようです。点滴を打ってもらい、子猫用のミルクと哺乳瓶を買い、飲ませ方も習って帰ってきました。

「生まれたての子猫を育てるのはむずかしものです。いつ衰弱死してもおかしくありません。」と、先生に言われました。

 生まれたての子猫とのダイアリー

弱っている子猫は捨てられる!?

母猫は、弱っている子猫を捨てることがあるそうです。育つ見込みがない子。そう判断するのだとか。外でアーアー呼んでも、迎えに来ないのはそのせいだと思っていました。

でも、気になる。他の子は大丈夫なのだろうか。そこで、庭をあちこち探してみることにしました。

 生まれたての子猫とのダイアリー

生まれたての子猫が5匹に増えた!!

庭に出てみると、いるわいるわ。生まれたての子猫が他にも4匹。あちこちに這いまわっていました。昨日の夜をどう生き延びたのか。

母猫の育児放棄なのか。今狩りに出ているだけなのか。このまま道路に出ていかないだろうか。カラスに食べられないだろうか。

もう覚悟を決めるしかありませんでした。

 生まれたての子猫とのダイアリー

生まれたての子猫の成長の記録です。

生まれたての子猫5匹と、子猫を育てた経験ゼロの家族の、手探り共同生活が始まりました。3時間おきの授乳で寝不足。頑張ってミルクをあげても飲んでくれない。

5匹はいつもだんごのように重なって眠っていました。あたためてくれる母猫がいないので、寄り添って温め合っているのです。

電気毛布も引いています。なのに、子猫の体は冷えたままでした。

それでも子猫達は、体を重ね合い、温め合っていました。生きようと一生懸命でした。その姿が愛しくて、寝不足でも頑張れました。

大切な命が増えると言うことは、幸せが増えると言うことです。その反面、心配事や悲しみも増えるのだと知りました。

いろいろな別れがありました。命の別れ。新しい里親にもらわれていく別れ。子猫達と過ごした日々は、笑いと涙の繰り返しでした。

でも本当に、出逢えてよかったです。

生まれたての子猫に出逢ってしまったら、どうか、保護してあげて下さい。その命は、とても大切な命なのだと知るでしょう。

そして、かけがえのない時間をプレゼントしてくれますよ。